精神疾患の可能性がある

医者とハート

現代は優れた内服薬が開発されています

睡眠不足や疲労などで体調が優れなかったり、人間関係や仕事のストレスを感じていると、意欲がわかないこともあります。誰でも意欲がわかない時はありますが、2、3週間以上続いている場合は、うつ病や統合失調症などの病気の可能性があります。意欲がわかない時でも、仕事や家事は簡単に休むことは出来ません。気になる症状が長く続いており、日常生活に支障をきたしている場合は、精神科や心療内科を受診することが大事です。精神科は敷居が高い印象がありますが、社会人は受診している人が増えています。仕事や家事でミスが増えたり、身の回りの衛生や見だしなみなどに無頓着になるなどの症状が見られます。うつ病や統合失調症などの病気は、優れた内服薬が開発されているので、適切な治療を受けることで回復することが多いです。カウンセリングなどの精神療法を受けたり、症状に応じた内服薬を処方してもらうことで、改善することも多いです。意欲がわかない時は、自律神経やホルモンバランスの乱れなども要因になっています。休日はゆっくりと眠りたい人が多いですが、眠りすぎると自律神経の働きが乱れてしまうので、早起きを心掛けたり、規則正しい生活を送ることも大事です。家族の協力が得られる時は、家事を手伝ってもらうことも大事です。

やるべきことがたくさんあるのに、意欲がわかないので悩んでいる人が少なくありません。健康な人の場合は、十分な休息を取ったり、適度に趣味や娯楽を楽しむことで、数日で改善することが多いです。うつ病や統合失調症などの病気に罹ると、几帳面な性格の人がだらしなくなったり、遅刻や欠勤などが増えることもあります。家族に変化が見られる時は、精神科の病院やクリニックに付き添ってあげることが大事です。うつ病の場合は本人に自覚があることが多いですが、統合失調症は本人に病気の自覚が乏しいことがほとんどです。精神科の病院やクリニックでは、問診や診察、カウンセリングなどを行うことで、病気の診断が付くことが多いです。うつ病は増加傾向にある病気なので、意欲がわかない、無気力、無関心などの症状が見られると、早い段階で治療が必要です。中学生や高校生などのお子様は、うつ病に罹っていても、病気の症状を伝えるのは苦手なことが多いです。遅刻や欠席が増えたり、成績が急に落ちてきたと感じている時は、うつ病の可能性があります。精神科や心療内科のクリニックは、お子様も受診しやすい環境が整っています。お子様に変化が見られる時は、両親が話を聞いてあげることが大事です。